FC2ブログ
http://manamin.blog36.fc2.com///某有名私立女子大生の裏の顔
2007年06月
2007・06

<< 05 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ 07 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2007/06/06 (Wed) AV体験記…終。
「愛美…どうして泣いてるの?」
気づかれないようにしなくてはという思いとは裏腹に、涙が
頬を伝っていく。Kは気づいていたのだ。
「幸せだなぁって…。」
私は涙目のまま笑顔をつくった。嬉し泣きにみえるようにと。
右手で涙を拭った。
薬指のリングの冷たい感触がした。

「俺もだよ。愛美…俺今まで生きてきて愛美といるときが一番
幸せなんだ。」
Kがそう言ってぎゅっと抱きしめてきた。
勃起していた。
なんて純粋で馬鹿なんだろう・・・馬鹿だよK。


私たちはそのままキスをしながらお互いの身体を撫で合った。
その間も涙を流さないようにすることで必死だった。

Kがわたしのなかに指をいれてくる。
瞬間、私は痛みで顔を歪めた。
私のおまんこはさっきのAV撮影の乱暴な愛撫で傷ついていた。

それでも傷みを我慢する。
Kには私の痛みを悟られてはいけない…もちろん心の傷も。

いつものようにKはきっちりコンドームをつけて
私の中に入ってきた。
Kは絶対生で入れてこようとはしない。
私の身体を大切にしてくれた。

それなのに、当の私が自分の身体を大切にしないでどうするんだろう。
私は自分に自信がなかった。いや、自信が「ない」。

だから、AVだろうが、援交だろうが私は身体を求められることが
嬉しい部分があった。
私が誰かに必要とされるためには身体を投げ出すしかなかった。

いつもギリギリ。
いつが私の最高値?

身体を金と引き換えに売る時点で高い女にはなれないのに。

わかってた。
でも自分の値段を確かめずにはいられなかったのだ。


そんなことを考えながら、私はKと金の絡まないSEXをした。
「愛美…いくよ…。」
Kが眉間に皺をよせ顔を歪めながら呟いた。

一瞬さっきのAV男優の顔と声が脳裏にはっきりと蘇って
目の前のKと重なって見えた。

吐き気がした。

(終)


1年以上ぶりの更新ですが、やっとAV体験記が終わりました。

去年コメント残してくれた方、もう見ていないかもしれないけど
きっと誰かが読んでくれている。

そう思ってこれからもブログを書いていきたい。

これからは過去の痛い話のほかに今のことも書こうと思う。



↑クリックすると拡大します。

人気blogランキング
エログ-(エログランキング)
ブログの殿堂
エログサーチ
エログNO1ランキング


スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]


全記事(数)表示

全タイトルを表示


Profile

愛美

Author:愛美
職業:大学生
性別:♀

今まで誰にも全ては話せなかった愛美の性体験を
どこかで吐きたかった。

※性体験≠恋愛体験

recent

category







monthly archives

link

このブログをリンクに追加する

comment

trackback

最近の記事+総記事数

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード



search



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。