FC2ブログ
http://manamin.blog36.fc2.com///某有名私立女子大生の裏の顔
2005年12月
2005・12

<< 11 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/31/ 01 >>
--/--/-- (--) スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|

2005/12/31 (Sat) 拒食という快感
あれ以来学校に行かなくなった私は高校を受験しなおすことにした。
小中と女子校に通い、もうこの息苦しさから開放されたかった。
小学生の頃は私もさすがに無邪気だったものだが、だんだんと誰にも
心を開けなくなっていたのだ。

学校に行かなくなったことに親は最初何があったのか問い詰めたが
ただ行きたくないと俯き身を震わせて言う私に呆れ果てたのか、1週間
もすると高校受験のために塾に通うよう促された。
担任からは何度もうちに電話がかかってくる。
自分が原因のひとつになっているなんて思ってもいないのだろうか。
「愛美、T先生から電話よ。」
母親が電話の子機を私の部屋まで持ってくるが、その度にあのトキのことが蘇ってとても話す気分にはなれなかった。

その頃からである。食べることがいやになった。
最初は精神的なものからきていたように思うが、ちょうど周りが
ダイエットの話題で盛り上がるような年頃だったこともあって
{食べない=痩せる}という方程式が私の頭の中にインプットされて
それが快感になり始めていた。
痩せれば親も心配してくれる。
そんな愛情の確認の仕方しか私にはできなかった。
それに、塾には同い年の男の子や大学生の講師、もちろん同い年の女の子もいて痩せてる私をアピールするにはもってこいだ。
痩せすぎていると男の子には好かれないが、あの年頃の女の子からは
それだけで羨望の的である。それだけは負けたくない。
細くなって骨がはっきり分かるようになってきた腕を眺めて微笑む。
そんなことを考えながら不登校であることを必死に隠すため学校に行ってないのに制服で塾に通ったりした。

もちろん勉強も必死でやって、2ヶ月目で最初のクラスでトップになり
一番上のクラスに上がることができた。
上がったクラスでは仲良くなったMという男がいて、遊びに誘われた。
ための男と遊ぶのはそれが初めてだった。
へたくそなカラオケに笑顔で付き合ったけど、年上の男と比べると
全然物足りなくて1度遊んだだけで飽きてしまった。
急速に冷める私と反対に、Mは更にアプローチしてきて、ついに塾の帰り道にネックレスをプレゼントされ付き合って欲しいと言われた。
師走の24日である。言葉を漏らすたびに吐く息が白くなった。

人気blogランキング
エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願いしますm(__)m クリックしてね♪

スポンサーサイト
[PR]

[PR]


2005/12/30 (Fri) 金欠
珍しくお昼にブログ~。健康的。
今日は過去のことじゃなく日記。過去のことは夜書こうと思いまふ。

今は普通のアルバイトをしているんだけど、とにかくお金がない。
これからブログに書いていくと思うんだけど、今年の夏短い間だけど
風俗のエステで働いていたんです。
そんでとにかく金稼いだ。1ヶ月もやってなかったけど50万くらい。
それも今じゃ何も残ってなく。
サイトで援助募集してるおじさんと会ってお金もらってって生活でやりくりしてる。
別に生活費は必要ないんだけど、欲しいものは全て高い…服も
靴もバックも化粧品も。
普通のバイトだけじゃもうやっていけないのかっていう不安。
パパ探そうかな。


人気blogランキング
エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願いしますm(__)m クリックしてね♪


2005/12/28 (Wed) 登校拒否
2人目の男もその後何回かメールしたが連絡をとるのが面倒に
なって、再び会うことはなかった。
その後は出会い系サイトでセフレ募集で男と会ってSEXをしては
また次の男という堕落した性生活を送った。

一方、私が通っていた学校は進学校で校則が厳しく、スカートの長さ
や髪型、化粧についてうるさかった。
ルーズソックスはだめ、髪は肩についたら結ぶ、化粧はもちろんNG・・・
ちょうどお洒落に目覚める時期に校則で縛られるのは窮屈で
仕方ない。
私は男遊びをするようになって化粧も軽くするようになりスカート
もさらに短くした。
あるクラスメートには
「愛美ちゃんって援交とかしてそうな感じだよねー。」
なんて軽蔑を含んだ口元で言われた。
どういう意味か分からないがそういう雰囲気が出ていたのだろうか。
実際まだそのときはやってなかったが、私が援交を始めるのに
そう時間はかからなかった。
そして教師からは何度もこっぴどく身なりを注意をされた。

そんな時期のことである。
私のクラスの担任Tは50歳くらいの白髪混じりの男だった。
放課後Tは私を面談室に呼び出した。
最初は最近遅刻が多いとか校則違反が多いとか素行に関する
注意だったのだが、Tが突然にやついた顔つきで言い放った。
「お前援助交際やってるってほんとか?」
腹がたった。そのときはまだやってなかったのに。噂にでもなっていたのだろうか。
答えるのも億劫だったから首を横に振った。
するとTが立ち上がり私の後ろに来て肩から腰にかけて触りながら
「そうか。しかしそんなスカート短くして触って欲しいんだろ。」
とだらしない顔で言った。
教師も所詮男だ。小学生のときも塾の講師にお尻を触られたことがある。
むかつくというよりは悔しくて涙が出た。
そのままTの手を払いのけ走って学校をあとにした。

帰って親にそのことを話そうとしたが両親は共働きで家には誰もいなかった。
クラスからもなんとなく浮いた存在だった私はその日以来学校に行けなくなった。


人気blogランキング
エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願いしますm(__)m

2005/12/25 (Sun) 血。
まだ2度目だったけど道玄坂を上ってしまえばあとはこっちのもんだ。
それなりに綺麗そうで値段も高くないとこに入った。

30分くらいはTVをつけてくだらない話をしていた。下手にデートみたいなことをしたからSEXに持ち込みずらかったのだろうか。
「シャワー浴びてくる。」
ネックレスだけ外して浴室へ歩いた。彼が私に後ろから抱きついて
「早くね。」
と囁く。なんか求められてる感じがして嬉しかった。
お互いシャワーを浴びてバスローブに着替え洗面台で歯磨きをして
再びベッドへ。
照明を落としTVの代わりに有線をつけた。
彼の舌が私の唇を押し開け舌を絡めあう。
まだキスに対する違和感は抜けなかったが一生懸命それに合わせた。
同時にバスローブの紐は解かれブラのホックを外された。
「可愛いおっぱいだね。」
夢中になって乳首を舐めたり胸を変形させる彼の姿に嬉しくなり
喘ぎ声をあげて盛り上げ私もすでに大きくなった彼の股間を撫でた。
舐めてあげると、うまいと言われた。経験はまだ浅かったけど
パステルという女の子向けのエロ雑誌を読んでいたからやり方は
なんとなく知っていた。
私の方もおまんこに指を出し入れされ十分に濡れていて、今回は
ちゃんと挿入することができた。
処女膜が破れることが処女喪失ならこれが実質の初体験だろうか。
そんなこと深く考えたくない。
目をつぶって彼に合わせて腰を振った。というより自然と動いていた。
「上乗れる?」
2度目にして騎乗位に挑戦した。腰を振りながら上から見上げる
彼の感じている顔を見て満足した。
私の身体で感じてくれている。なんて嬉しいことだろう。
再び正常位にもっていき更に腰を激しく振る。
「いくよ」
最高の顔を見せる彼とは反対に、今まで私のなかにはいっていた
おちんちんが抜かれた喪失感で複雑な気分になった。
いっちゃった・・・
「愛美といると癒されるよ。結婚しちゃいたい。」
彼は安堵の表情で私の太ももに顔をうずめた。
付き合ってもないのにここまで言ってしまう彼に嬉しい気持ちは
ありながらもその言葉を信用できなかった。

残りの時間は彼の今までの恋愛話などを聞いてあげてホテルをあとにした。すっかり打ち解けたのか腰を抱き合ってセンター街まで歩き
食事をした後渋谷駅に向かい最後に抱きしめられた。
「またね。」
駅のトイレでパンツを下ろすと生理でもないのに血が滲んでいた。

エログ-(エログランキング)
人気blogランキング


m.jpg

↑クリックすると拡大します。

2005/12/24 (Sat) メリクリ。
今日はクリスマスですね。
プロフィールの写真何もなくて寂しかったから下半身を
写メってUpしたんだけどアングルが微妙。

クリスマスといえば恋人がいるひとは最高の1日になる日。
ラブホはいっぱいだから歩き回るはめになるけどそれも
楽しかったり。
私はクリスマスをちゃんとした彼氏と過ごしたのは2回だけ。
う~ん・・・
今まで書いたように初体験があまり望ましい感じじゃなかった
からその後はほんとひどい男遍歴。
正直はっきりした経験人数は分からない。
別に自暴自棄とかそういう感覚はないのだけど。

高校のときバイトの先輩に
「愛のないSEXってどうなの?」
と聞かれたことがある。
私は驚いた。そうか、SEXって普通愛がないとしないことなんだ。
初体験に後悔はない。
二度と会えないと思ったら悲しくて悲しくて仕方なかったけど自業自得だから。
いつか街で会ってもきっと分からないですれ違ってしまうんだ。
私は彼のそのときの服まで覚えているけど向こうはきっと顔さえ覚えてないだろう。
彼にとって私なんてその程度の存在。
それにあのとき経験しないで彼氏ができるまで待つなんて
私にはできなかったと思う。
連絡がつかなくなってすぐ心と身体のすきまを
埋めるために再び出会い系で男探しを始めた。
彼氏を探す気などは全くなかった。
不思議とこのひとは彼氏にしたくないと思ってもSEXは
できてしまう。彼氏の方がハードルは高めにしている。
普通は逆だろうか?

2人目に会った男は1つ上の高校生で外見もまあまあ。
まだ一度しか経験がないというか最後までは経験してないことは秘密だった。
渋谷で待ち合わせをした。
昼は普通に109を見たその足で原宿まで歩き買い物。
クレープを食べたりしてデートみたいな感じだ。
例に漏れず彼もSEXの相手募集で見つけたのだけど。
夕方になり渋谷まで戻ると自分からホテル行こうと誘いかけた。
「いいの?」
彼は聞いた。断る理由なんてなかった。
私にとってSEXなんてそんなだいそれたものではない。
彼は渋谷のラブホは知らないようだったので私が案内した。
まだ2度目なのに我が物顔で道玄坂を上った。


人気blogランキング
エログ-(エログランキング)
応援よろしくお願いしますm(__)m


200512240353001.jpg


2005/12/22 (Thu) 駆け引きの結末
フロントからコール。
彼を起こして部屋を出て、エレベーターを降りホテルをあとにした。
ラブホのエレベーターは私にとって特別だ。
あの雰囲気がたまらない。
行きはこれからのことに胸を膨らませ帰りは余韻と終わってしまった
寂しさに襲われる。

彼とはその後ももちろんメールした。
最後までいかなかったから彼も必死だったのかもしれない。
バイトの愚痴をこぼしたりされるのが、気を許してくれてるようで
嬉しかった。
でも彼とは2度と会わなかった。振り返ると何故だろうと思う。
そのときは何故かこわかった。
何がって言われると表現できないけど。
それにちょっとメールをしかとしてみたりして彼の気持ちを試したかった。
2ヶ月くらいそんな日が続いた後メアド変更メールが届いた。
返事しなかった。
実を言うとその間出会い系で他の男と会ってSEXした。
彼は忙しくてなかなか会えないし、他の男とも試してみたかった。
SEXをもっと知りたい。

そしてさらに1ヶ月。メールをしかとしたままだったけどふいに
もう一度会いたくなった。
そのとき経験人数は4人くらいになっていて、SEXというものに
少しずつ慣れてきたし。
私が知らなすぎて彼が何でも知ってるように見えて怖かったのかもしれない。あのとき彼と再び会うのが。
しかし、そんな自分勝手を神様は許してくれなかった。
「ひさしぶり。愛美だよ。元気?」
メールを送ると
「送信できませんでした。あて先を確認してください。」
どくんどくん・・・
心臓が締め付けられて目頭が熱くなった。
思い切って電話してみた。
もっと早くからこんな行動力を発揮してればよかったのに。
つながらなかった。彼は携帯を変えていたのだ。
私の初めての男とのつながりはあっけなく消えた。


人気blogランキング
erogoo

2005/12/20 (Tue) ちょっと休憩。
3回分に渡って初体験について書いたけど今日はちょっと休憩。

何で私がこういうブログ書き始めようって思ったかというと
やっぱり周りの人に言えるような性遍歴歩んでないから。
ある程度ぶっちゃけてる人はいるけど全てを話した人はいない。
これまで書いた部分はたいしたことないって思う人もいるかも
しれないけど、これからどんどんやばくなってきます。

やってることだけだったら同じような経験してるひと
いるかもしれないけど、高校も大学も誰でも知ってるような
自分で言うのもあれだけど有名なとこ行ってる。
だから完璧表と裏の顔を使い分けてる。
しかも結構いい子ぶってたりして最悪かな。

性を仕事にもしてきました。現在進行形。

2005/12/20 (Tue) 〝はじめて〟
結局Aとは最後までいかなかった。
といっても処女は捨てたようなもんだったし、何しろファーストキスも彼とだった。
正直にいえば5歳下の従弟にふざけてキスしたことがあったけど
私にとってキスなんてそんなもんだった、そのときは。

キスは私の思っていたものとは違った。なんか気持ち悪い・・・
キスに始まって彼は私を感じさせようと首筋や胸を愛撫したが
ほとんど感じなかった。
今でもよっぽどうまいというかツボを察知するひとでないと感じない。
小さい頃からオナニーしていたせいだろうか。
自分のつぼは自分が一番分かっている。
ただ一生懸命私を感じさせようとしてるのは伝わってきて7つも上の
男の頭を撫でたい、抱きしめたい衝動を抑えるのに苦労した。

彼の指先と舌が徐々に下に向かい、クリを刺激されたり指を入れられた。
さすがに私も感じてきて、演技入ってたけど声出したりした。
彼は私の手をつかんで硬く大きくなった股間に引き寄せ撫でさせた。
手の動かし方も分からず控えめに触っていた。
「舐めてみない?」
正直ちょっと嫌だったけど男のおちんちんに興味があったし
ちゃんと見てみたかった私は軽く頷いた。
小学校のときに男子がふざけて見せてきたそれとは全然違う
グロテスクな生き物がそこにいた。
どうしていいか分からなかったけど一生懸命むしゃぶりついた。
そうしてるうちに
「疲れたでしょ・・・」
と彼。
ついに私のまんこのなかに入ってこようとしたが、すぐには入らない。
十分濡れていた。
「力抜いて。痛くないからね・・・」
力を入れてるつもりはなかったのだけど、なんせまだ中3。
今でもきついとか締りが良すぎると言われる私の中に入るのは
遊びなれた男でもたやすくなかった。
挿入がうまくいかないことほど雰囲気をしらけさせるものはない。
その場から逃げ出したくてしかたなかった。

いくら試行錯誤しても入っていかないので彼も疲れたのか諦めて
「続きはまた今度にしよう。」
と言って腕枕をしてくれた。

そのうちに青のカラコンの彼は眠りについていた。
休憩時間はまだ1時間以上残っていた。

2005/12/19 (Mon) マリオン
「どこかでちょっと睡眠とりたい。」
ついにきたかとピンときた。まぁAはバイトの夜勤明けで眠いのも当然だった。
どこかってどこ?と私が聞くとはぐらかされた。
ここまで来て突然警戒心が働いた。
始まりは出会い系だしSEXの相手募集だったけど会ってみたらルックスもいいしもてなし方がうまくて、Aとは遊びじゃなくて好きになってもらいたいなんて思い始めていた。
それと同時に拒否って嫌われたくないっていう思いも出てきて葛藤。
結局元々はっきりしない性格な私はここで自分の複雑な心境、ましてや彼に好意がめばえてることなんて口にすることもできず、気づけば道玄坂のホテル街にいた。

「ここでいい?」
ただ頷くだけだった。
2人手をつないで入ると、いろんな部屋の写真と値段が書いてある
パネルをAは慣れた手つきで素早く選んで押した。
今でこそ何も感じない光景がこのときは全て新鮮で、自分が大人の仲間入りしたように感じて嬉しかった。
部屋に着くとAは手を洗い始めた。お昼も私がエスカレーターの手すりに
手をかけようとすると、汚いよと言って手をつかんだ。
どうやら1日過ごしてみて彼は潔癖の気があると感じた。
そんなところさえ愛しかった。
部屋の暗い照明、ベッドとテレビでいっぱいの狭いスペース、
部屋に着いてサンダルを脱いだ瞬間彼が大きく感じたこと。
ホテルの名前はマリオンだった。
今でもはっきり覚えてる。
過ぎてから気づくこと。
女にとって初めての相手ってやっぱりそういうものだ。

2005/12/17 (Sat) 堕落の原点
中学3年のとき。私は女子校に通っていた。
恋愛とかSEXに興味はあったけど出会いはない。
携帯で出会い系サイトがちょうど流行り始めた頃だったので
軽い気持ちで覗いてみた。
自分の知らない世界。わくわくしていた。

でもそのときはまだわからなかった、男がどういうものかなんて。

何人かやりとりして会ったけど好みじゃない人とはそれっきりに
して、4人目くらいに会ったAがちょっと遊んでそうだけど
好みだった。
Aの掲示板の書き込みはSEX相手募集だった。
処女だったけどSEXに興味があった私は軽い気持ちでメール
を打ち、1週間後くらいに会うことになった。
Aとはお台場で遊んで初めて会ったのに、さらりと手をつながれ
まだお子様だった私はびっくりしたけどちょっと恋人気分と
いうか大人な気分に浸れて気分がよかった。
でもそれと同時にもしかして今日エッチしちゃうの?って
不安になった。
往生際の悪い性格だ。
そしてその不安は的中した。

Aは今振り返っても女慣れしていてデートの運び方がうまかった。
お台場から渋谷に向かう山手線の中、Aはずっと手をつないで
私にもたれかかって寝ていた。まだ会って数時間なのに
寝顔が恋しい。
今でもそうだけど男の寝顔を見るのは好き。
なんか気を許してくれてる感じがしてすごい嬉しいのだ。

渋谷についてまるきゅーとか見てすっかりデート気分。
太陽は沈みすっかり暗くなっていた。

全記事(数)表示

全タイトルを表示


Profile

愛美

Author:愛美
職業:大学生
性別:♀

今まで誰にも全ては話せなかった愛美の性体験を
どこかで吐きたかった。

※性体験≠恋愛体験

recent

category







monthly archives

link

このブログをリンクに追加する

comment

trackback

最近の記事+総記事数

全タイトルを表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード



search



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。